間違えて闇金に個人情報を書き込んで申し込んでしまった

融資を受けたいと思い、消費者金融らしき業者に申し込みをしたら、実は闇金だったというケースもあります。もちろん、それに気づいた時点で融資をキャンセルすることになるでしょうが、問題なのはその後です。
申し込みをした段階で、闇金業者に色々な個人情報を教えてしまっているわけですから、その後もしつこく連絡が来るかもしれません。メールや電話はもちろん、もし住所まで入力しているのであれば、融資案内のハガキなども頻繁に届くかもしれないのです。そうなってしまった時に、一体どのような対処法を取ればいいのでしょうか。
とりあえず、現時点でこれといった被害やトラブルが起きていないのであれば、ひたすら無視するのが1番です。恐らく、警察の生活安全課や消費者センターに相談をしても、同じようなアドバイスをされるはずです。無視を続ければ、そのうち闇金業者も連絡をしなくなるので、事が収まるのを待ちましょう。
メールや電話での勧誘は、全て受信や着信拒否をしておきましょう。ハガキが届いた時も、基本的にはそのまま捨てて、もしあまりにしつこいようであれば、警察の方に相談をするといいでしょう。
くれぐれも、こちらから連絡を取ったりするようなことは控えるようにしましょう。もちろん、相手がもし脅しをかけてきたとしても、絶対に融資の申し込みはしないようにして、とにかく無視することを徹底しましょう。これを守れば、まず被害に遭うことはないのです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E9%87%91%E8%9E%8D