消費者金融の金利改正とは?

消費者金融の金利改正とは?

貸金業法が改正され、総量規制は平成22年6月より実施されています。この改正に伴い、借りやすい消費者金融では年収の3分の1を超える貸付をすることができなくなりました。しかし、銀行からの借入は対象外となっているので年収の3分の1以上でも借入をすることができます。また、この改正で上限金利が引き下げられました。上限金利に対して次のような2つの法律があります。
1、利息制限法・・・貸付額に応じて15~20%
2、出資法・・・以前までは29.2%でしたが、平成22年6月より20%
賃金業者の場合は、出資法の上限金利29.2%と利息法の上限金利20%と、また、その間の金利帯についても一定の要件を満たすことで有効となり「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。しかし、平成22年6月より、金利負担の軽減を図るためにグレーゾーン金利が廃止されました。つまり、現在の上限金利は、出資法では20%、利息制限法では貸付金額についての15%~20%が適用となっているので、これを超える金利帯で貸し付けをする消費者金融は違法となり利息制限法では無効の行政処分の対象となります。また、出資法については、刑事罪の対象となってしまいます。

このように貸金業法が改正されたことにより、多重債務者の増加などについて深刻な問題の解決策として改善することができています。また、多くの利用者を借り過ぎから守るための保護ともなっています。消費者金融を利用する際には、前もって返済計画を立ててから利用するようにしましょう。